大学紹介 University Introduction

大学紹介

About Us

学長あいさつ

学長 永井 良三

自治医科大学

学長永井 良三

恵まれた環境のもとで
病める人の立場に立って
総合的な医療を行える人材を育成

自治医科大学は、全国の都道府県の共同により、昭和47年2月に設立されました。設立の理念は、僻地に住む人々に医療を提供し、健康を守ることにあります。この理念にしたがい、自治医科大学の卒業生は、わが国の地域医療や保健、福祉において、計り知れない貢献をしてきました。

しかしながら自治医科大学の使命は、地域で働く医師や看護師を養成するだけではありません。それは、医療が大きな曲がり角にあるためです。医学が科学的になっていく一方で、忘れがちになる本来の医学をどのように回復するかは、今日、大きな社会的な課題です。一人ひとりの患者さんに最適な医療を提供するためには、総合的な医学の知識に加えて、患者さんを理解するための心が必要です。それは医療者自身の内面を鍛えることによって可能となります。自治医科大学は、こうした教育を実践することによって、日本の医学教育のモデルとなることも目指しています。

臨床教育だけでなく、研究も大学に課せられた重要な使命です。新しい医学の知識を作り、医療の現場に普及させるためには、社会の了解のもとに研究を進める必要があります。自治医科大学に設置された研究センターは最先端の研究を進めており、多くの世界的業績を生んできました。また、附属病院とさいたま医療センターは、大学病院として高度な医療を提供し、地域の基幹病院としても重要な役割を果たしております。さらに、それぞれの病院では医療上の判断の根拠を作るために、たくさんの臨床研究を行っています。

このように恵まれた環境のもとで、自治医科大学は、病める人の立場に立って総合的な医療を行える人材育成を行っています。教育で大事なのは、それぞれの学生に潜んでいる能力を引き出し、人間としての成長を促すことです。このような本学の精神を理解し、日本の地域医療を支える気概にあふれた有能な方々の入学を、心より期待しています。

最終学歴

昭和49年9月 東京大学医学部医学科卒業

学位取得

昭和57年5月 医学博士

職歴

昭和50年1月 – 昭和51年12月 東京大学医学部